ホーム 宿泊ガイド 3つの温泉 6つの外湯 イベントガイド エコ温泉計画 自然体験 アクセス お問合せ


五頭温泉郷の3つの温泉
 出湯温泉
 今板温泉
 村杉温泉
 
 
 
 
 
 
 
 


弘法大師が刻んだと伝えられる薬師如来に守られた今板温泉は天然のラドン温泉。杉木立に囲まれた一軒宿の温泉場で、竹林や老杉古松などの自然に包まれた潤いある温泉スポット。
[今板温泉の温泉宿]

湯本舘


(imaita-onsen)
 湯本舘
源泉名 今板温泉
薬師如来がそっと見守る
緑豊かな一軒宿
 国道290号から、杉に囲まれた細い道を山へ向かって分け入ると、静かにたたずむ宿と薬師堂が目に入ります。出湯温泉と村杉温泉の間に位置する今板は、現在は一軒宿の温泉地。弘法大師が五頭山を開いた時に、この地に自噴していた源泉を発見したことが始まりと言われています。その折、弘法大師は自ら薬師如来像を刻んだと伝えられ、その像は今も薬師堂に安置され、まつられています。宿を囲む竹林や老杉古松をわたる風の音、野鳥のさえずり、緑のにおい。そんな自然が、心にうるおいを与えてくれる場所です。
泉質名 ラドン温泉
泉温 18.8℃
湧出量 103L/min
外観 無色・透明
臭味 無臭・微硫化水素臭
pH値 7.5  (中性)
< 湧出地におけるラドン(Rn)の測定 >
今板温泉   ラドン (Rn) 23.0×10 -10乗 キューリー /kg (6.32マッヘ /kg)
適応症 ○一般的適応症
神経痛、筋肉痛、関節炎、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、
うちみ、くじき、慢性消化器病、痔病、冷え性、病後回復期、
疲労回復、健康増進

○一般的禁忌症
急性疾患(特に熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、
重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性疾患、高度の貧血、
その他一般に病勢進行中の疾患、妊娠中(とくに初期と後期)

 

五頭温泉郷旅館協同組合 〒959-1928 新潟県阿賀野市村杉3946-163 五頭山麓うららの森 情報発信館内
      TEL 0250-61-3003  FAX 0250-61-3006