ホーム 宿泊ガイド 3つの温泉 6つの外湯 イベントガイド エコ温泉計画 自然体験 アクセス お問合せ


五頭温泉郷の3つの温泉
 出湯温泉
 今板温泉
 村杉温泉
 
 五頭温泉郷旅館協同組合
 加盟旅館13軒
 出湯温泉  
大石屋旅館 0250-62-3155
清廣館 0250-62-3833
珍生館 0250-62-3726
中喜屋 0250-62-2281
旅館弓月 0250-62-3665
 今板温泉  
湯本舘 0250-66-2321
 村杉温泉  
石原館 0250-66-2121
角屋旅館 0250-66-2221
川上屋旅館 0250-66-2141
環翠楼 0250-66-2131
長生館 0250-66-2111
割烹旅館室町 0250-66-2134


新潟市から40分、シベリアからの白鳥の飛来で知られる瓢湖から10分。
五つの峰を持つ 五頭山の山懐にある出湯、今板、村杉の三つの温泉地が五頭温泉郷。美しい自然と豊富な名水の里は、湯治場の趣を残した静かな温泉地として、そして美味しい味覚の里としても知られています。

個性溢れる12の宿があり、すべての宿の温泉は効能高い天然ラジウム温泉(単純放射能泉・単純放射能冷鉱泉・ラドン温泉)。 のんびりと天然温泉の湯船で過ごし、宿自慢の味覚に舌鼓を打てば日頃の疲れも癒されていきます。 六つの外湯があり、湯巡りも楽しみです。
それぞれの目的に合わせてゆっくりと味わう湯の旅へ出かけませんか。

 

弘法大師の開湯と伝えられ、開湯1200年の歴史を持つ温泉。
出湯温泉の2つの共同浴場の泉質は弱アルカリ性単純温泉、旅館の温泉はラジウム温泉(単純弱放射能冷鉱泉)で、アトピー性皮膚炎に効果があるといわれ、全国から多くの人が訪れている。

[出湯温泉の温泉宿]
旅館珍生館
清廣館
中喜屋
大石屋旅館

旅館弓月



 

(deyu-onsen)
泉質名

単純弱放射能冷鉱泉 (ラジウム温泉)
  (中性低張性冷鉱泉)

ラジウム温泉の効能を活かした 室内の足湯
出湯温泉に自噴しているラジウム温泉を足湯で利用できる新しい外湯が誕生しました。
温泉中から湧き出すラドンを逃さず、十分に吸い込むことができるように考えられた浴室タイプの足湯。
  湧きたてのラジウム温泉源泉を、飲泉することもできます。
泉温 18.1℃
外観 無色澄明
臭味 無臭無味
pH値 6.6
湧出地における
ラドン(Rn)の測定
ラドン (Rn) 71.8×10 -10乗 Ci/kg (19.7マッヘ単位/kg)
効能 放射能(ラドンRn)を含んだ温泉です。入浴、飲泉で十分効果はありますが、吸入での効率が一番良いとされています。いずれも放射線によるラジウム治療として効能は高く、最近特に注目されています。
適応症 ○一般的適応症
神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、
うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、
疲労回復、健康増進

○泉質別適応症
痛風、動脈硬化症、高血圧症、慢性胆嚢炎、胆石症、神経痛、慢性皮膚病、慢性婦人病 

 

出湯温泉 弘法の足湯

この足湯は約80メートル離れた高台にある洞春窟の湯とよばれるラドンを含む弱放射能泉を引いた湯です。約20マッヘのラドンを含む摂氏20度の湯で、途中で加温して摂氏42度にしてありますが、かけ流しの湯です。
足湯の浴槽の底に貼ってある赤い石は 「旱水御影(<そうずみかげ)」とよばれる五頭山をつくっている花崗岩でやや多<の放射能を含んでいます。

出湯温泉の湯は、弱アルカリ性温泉として、アトピー、神経痛、慢性消化不良、疲労回復などに効果があるといわれ、長い間多<の人に利用されてきました。

今回弱放射能泉であることが明らかになり、さらに効能が増えたことになります。一般にラドンを含む温泉は痛風、糖尿病、高血圧症、婦人病(子が授かる)などに効能があるといわれています。  
放射能は怖いという感じを持っている人もあると思いますが、この湯は約20マッヘで少量です。ラドンの半減期(放射能が半分になる時間)は3.8日で、体内に入っても化合物をつくらず、気体のままで体外に放出されますので心配ありません。逆にホルシミス効果があることがわかってきました。

ホルシミス効果とは、ラドンを吸うと人間の体細胞を活性化し、人間が持っている自然治癒力を高めるということです。
この足湯はこじんまりと密閉した建物の中にありますので、温泉から放出されたラドンが充満していますので、足湯につかりながらラドンを吸収し、ホルシミス効果を試してください。

放射能泉の飲泉の一回の適量は、100〜 200m l (1日3回)で、飲泉の効果は利尿作用、尿酸排泄作用、糖代謝改善といわれています。

 

 

           2009年12月10日  新潟大学名誉教授 島津光夫

 


島津光夫 
氏[シマズミツオ]

PROFILE・
岩手県一関市に生まれる。東北大学理学部岩石鉱物床学科卒業。東北大学理学部助手、工業技術院地質調査所技官をへて新潟大学理学部助教授。新潟大学理学部教授。新潟大学理学部部長。県立新潟女子短期大学学長。退職。新潟大学名誉教授。

・著書・

新潟の石油・天然ガス10話 / 野島出版
日本の石の文化 / 新人物往来社
新潟と東北 / 野島出版
秋山郷の地学案内 / 野島出版
新潟温泉風土記 / 野島出版
新潟の石油・天然ガス ― 開発の一三〇年 / 野島出版
離島佐渡 ― その過去・現在・近未来 / 野島出版
牧之と歩く秋山郷 ― 越後・信州境の大自然 / 高志書院
グリ−ンタフの岩石学 / 共立出版

など著書多数

 

 

(deyu-onsen)
泉質名 アルカリ性単純温泉 (低張性 弱アルカリ性 低温泉)
開湯から1200年の歴史を誇る
弘法大師伝説の温泉
 809年に弘法大師が錫杖をついて湧出させたという伝説が残る、県内で最も歴史がある温泉です。そのお湯は、今も華報寺境内の共同浴場の源泉として湧き出ています。当初はお湯場に賽銭を捧げてお参りをしていたと伝えられますが、鎌倉時代には幕府に温泉税を納めていたという記録があります。
その後、華報寺前に温泉宿が増え、次第に湯治場として発展しました。明治・大正時代には、新潟周辺の大地主や役人が多く訪れ、保養地として一躍脚光を浴びるように。
竹久夢二他、数多く文人墨客もその足跡を残しています。最近ではアトピー性皮膚炎に効果がある温泉として全国に知られ、治療に訪れた人達の中で、定住された方も多くおられます。
泉温 38.6℃
外観 無色・澄明
臭味 無臭無味
pH値 8.6
適応症 ○一般的適応症
神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、
うちみ、くじき、 慢性消化器病、痔病、冷え性、病後回復期、
疲労回復、健康増進

○一般的禁忌症
急性疾患(特に熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、
重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性疾患、高度の貧血、
その他一般に病勢進行中の疾患、妊娠中(とくに初期と後期)

 

五頭温泉郷旅館協同組合 〒959-1928 新潟県阿賀野市村杉3946-163 五頭山麓うららの森 情報発信館内
      TEL 0250-61-3003  FAX 0250-61-3006